カテゴリー「星の会」の記事

2005年9月 8日 (木)

星の会を辞めた理由

2回生の時の春の定期演奏会での僕のステージのMCの中で、僕と相方が星の会を辞めた、いや辞めさされた理由を語っていました。

 

その理由というのが「あるカップル」だったと発言していたのです。

 

一瞬意外な答えと思いきや、よくよく考えてみると、前にもブログに書きましたが相方が星の会の活動に参加しない(もちろん僕も)のにギターをおいて怒られた。さらに僕ら幽霊部員数人が星の会の部室でたむろっていたときにその星の会の先輩であったカップルの女性の方が入ってきました。その女性の先輩はとても美人でした。そのときは注意されなかったんですが、あとで部長に文句を言ったんでしょうね。おそらく他の星の会の部員から我々が辞めさせられことを聴かされたはずです。MCでは若干怒り口調です。その先輩の名前すら覚えていませんが、どうせならその場で注意したらいいのにと、めっちゃむかついていたんでしょうね。

 

しかしこのサークルは部内恋愛が多かったです。お前ら他にみるとこないんかいというぐらい。現役生の皆さん、決して星の会の悪口を言っているわけではありません。実際そのカップルはろくに活動していなかったのにそういうことだけをいうのがむかつくのです。まあ十数年前の話ですから。あしからず。

2005年8月27日 (土)

「星の会」 2  南十字星のおまけつき

合宿は確か長野県だったと思います。長野県の奥できれいな星を見ようと。

しかし天気が悪くて星は見えず、かといって何か他にイベントがあるわけでもなく、無駄に数日間が終わりました。そこでそのやるせない思いをぶつけるべく我々シオボーは部長に尊敬の意をこめて「くたばれ○○」(○○は部長の個人名)星の会の少年」という2曲が後のEVE祭で生まれました。またサークル内恋愛非常に多かったです。成功したものもいれば、失敗して顰蹙をかったもの、去っていったものもいました。おまけに相方はBOXにギターをおいて「ミーティングにも参加せんやつが勝手に使うな」と一応筋の通った理由で怒られる始末。でも、その人は合宿に参加してませんでした。あれだけ人数いたのに、合宿の参加人数は3割もなかったです。でも当時の新歓コンパの写真みたら100名はいますね。体育会並みの大所帯です。

まあそんなこんなで我々は自然消滅したんですが、今となってはいい思い出です。いろいろな人間模様を見ることができました。実は僕は星は意外と好きだったんです。星座早見盤2つも持っています。現役の星の会の皆さん、ぜひ皆で南十字星を見に行ってください。僕は南十字星ニセ十字もニューカレドニアで見ましたよ。感動しました。

でもなんといっても、

潮吹きボーイズが誕生するきっかけ

になった場なんですから。「星の会」に感謝です。

124163

[124163.jpg]

中央下付近に横向きに映る南十字星

「星の会」とは 1

本日、次のライブを見据えてメイン3曲を中心に練習をしました。今回は新曲はありませんが次々回には新曲を発表できればと思っています。

 

ところで、練習前に相方と軽く一杯ひっかけたのですが、そのときに、実は相方との初めての出会いは「星の会」の新入生歓迎コンパだったという話が出ました。で、そのあと「Folk Alive Club」で活動を共にします。僕はすでに4月の時点からFACに入っていて相方が後からはいって来るのですが、間違いなく僕が相方をFAC誘ったと思うのですが、僕も相方もそのいきさつの記憶が薄れておりました。

 

とりあえず「星の会」とは同志社大学にある「星を見よう」という趣旨の文化系サークルです。とはいっても別に星が見たいわけではなく、1回生の勢いというか、友達も増えるかなみたいなノリで僕は同じクラスのメンバー数人と新歓コンパに参加しました。今はどうかわかりませんが、当時は活動自体が月1~2のペースなので兼部している人がたくさんいて、幽霊部員もたくさんいて、かつゆるい雰囲気でした。で、籍をおくぶんにはいいだろうと、またFACにはないBOXがあるので、溜り場もできてギターも置けてという意味では最適なサークルでした。

 

で、ろくな活動もせずなぜか夏休みの合宿に参加することになったのです。つづく。