« 落語のお囃子のリズム | トップページ | クリスマスイブ 人は何を思う… »

2007年12月23日 (日)

M-1王者のサンドウィッチマンは「狼は生きろ、ブタは死ね」!?

je-pu-pu アクセス解析

潮吹きボーイズ 貴重音源配信中!
潮吹きボーイズ音源配信中!

M-12007王者はなんと敗者復活から勝ちあがったサンドウィッチマンでした。

昨年はM-1がらみの仕事があり会社にいましたが、今年は家でテレビで楽しむことができました。私の感想として、トータルテンボスが出てくるまではそれぞれが個性がある、いわば飛び道具的な漫才をしつつもいまひとつパンチにかけていました。そこでトータルテンボスが出てきて高得点。そのとき今回は正統で話の筋がわかりやすい漫才が優勝する流れだと感じました。なので、キングコング、ダイアンが有利では、と感じました。

そこで敗者復活のサンドウィッチマン。正直、「誰やねん」的な新鮮さ、吉本興業所属ではないということ、それに加え風貌にみあった二人の個性を存分に生かした漫才が完全に会場と審査員の心をつかみました。敗者復活で麒麟やプラン9といった実力者が出てくるよりも見ているほうには楽しみが沸いてくるもんです。

ここ数年、笑い飯、麒麟、千鳥、トータルといった常連メンバーが決勝メンバーに名を連ねました。そういった常連を脅かす若手がなかなか現れない中、「新鮮」さがサンドウィッチマンにとって追い風になったのではないのでしょうか。何年も優勝候補といわれるプレッシャーなどなく、無我夢中で実力者にぶつかっていた姿に私は興奮し心から笑いました。彼らが優勝したことにより、いままでのM-1の勢力図がいい意味で崩れていくのではないのでしょうか。たとえば来年は決勝8組のうち半分以上が初の決勝進出とか。

それはさておき、早速サンドウィッチマンの公式HPを覗いて見ると、なんとボケの方の富澤たけしのコラムの名前が

「続・狼は生きろ、ブタは死ね…!」

なんと我々潮吹きボーイズの名曲「狼は生きろ 豚は死ね」と一緒ではありませんか!現在はコラム名が変更になっていますが、M-1王者と何かしら同じ感性を持っていたと勝手に感じる私、またもや興奮してしまいました。

過去の【日記】はこちらへ!

« 落語のお囃子のリズム | トップページ | クリスマスイブ 人は何を思う… »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M-1王者のサンドウィッチマンは「狼は生きろ、ブタは死ね」!?:

« 落語のお囃子のリズム | トップページ | クリスマスイブ 人は何を思う… »